トーク Creators@Kamogawa

2019/11/30 (土)

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川、ホール

アクセス
ヴィラ鴨川
京都市左京区吉田河原町19-3
606-8305

『場所の記憶』 『ラ・長い息』

Creators@Kamogawa は、日本とドイツのクリエイターが、アートやカルチャーに関連する話題について語り合うイベントシリーズです。今回のテーマは、『場所の記憶』と『ラ・長い息』です。
 
第1部:場所の記憶
京都やベルリンがよい例でしょうが、未開の土地でなければ、場所や風景にはさまざまな記憶が刻まれています。神話や伝説、栄光と悲惨、幸福と不幸…。災害や戦争など、後世にまでトラウマとして残る事件や事象も、そこには含まれます。音楽、美術、建築、文学、演劇、映画など多くの芸術の役割は、作品化するに値する出来事をこうした記憶からすくい上げ、未来へと語り継いでいくことではないでしょうか。建築と美術の間を往還するレジデントと、聖地の研究でも知られる宗教人類学者が、場所や風景と芸術との関係について議論を交わします。
 
     ミヒャエル・ヒルシュビヒラー(建築家、美術家)
     植島 啓司(宗教人類学者)
     小崎 哲哉(司会、構成)

 
第2部:ラ・長い息
フルクサス運動に影響を受けるレジデントと、元・具体美術協会会員の美術家が、具体美術や前衛芸術運動について語り合います。
 
     レニ・ホフマン(美術家)
     今井 祝雄(美術家) 
     小崎 哲哉(司会、構成)
 




トークの後は、館内のドイツカフェ『カフェ・ミュラー』にて、ドイツビールやおつまみを片手に交流をお楽しみください。交流会では、滞在中のドイツの芸術家の作品も、モニターでご覧いただけます。

また、レニ・ホフマンが京都市内に制作したサイトスペシフィック・アート作品を、現地でご紹介します。
 

© Matteo Fieni © Matteo Fieni © Keiji Ueshima © Keiji Ueshima
© Stefan Worring © Stefan Worring © Norio Imai © Norio Imai Tetsuya Ozaki © Tetsuya Ozaki
 

戻る