音楽パフォーマンス(ライブ配信) Superposition – ユリウス・ボッケルト&スヴェン・フリッツ

「Bildermenschen」展でのライブパフォーマンス、フランクフルト近代美術館、2016年 © Anja Hahn

2021/07/18 (日)

オンライン


アクセス
107-0052 東京都港区赤坂7-5-56
ドイツ文化会館内

「Bildermenschen」展でのライブパフォーマンス、フランクフルト近代美術館、2016年

アトリエ・ゴルドシュタイン(フランクフルト)より音楽パフォーマンスのライブ配信

当日のライブ配信はこちらからご覧頂けます:
https://www.facebook.com/events/557582658587210​


2021年7月16日より9月5日までアーツ千代田3331で開催される展覧会『偶然と、必然と、』の中で、ゲーテ・インスティトゥート東京はフランクフルトのアトリエ・ゴルドシュタインよりSuperposition(ユリウス・ボッケルト&スヴェン・フリッツ)の音楽パフォーマンスのライブ配信を行います。アトリエ・ゴルドシュタインは才能あふれる障害を持つ芸術家が制作を行うスペースとして、国際的に成功を収めています。演奏を行うユリウス・ボッケルトとスヴェン・フリッツは二人とも美術家かつ音楽家で、2014年から共に活動しています。彼らの音楽パフォーマンスは実験的であり、カシオのキーボード、モジュラー・シンセサイザー、打楽器的な要素、フィールド・レコーディングや声などを生かして演奏するものです。
Julius Bockelt: oT 2018 Julius Bockelt: oT 2018 | © Atelier Goldstein 展覧会『偶然と、必然と、』は、アーツ千代田3331のポコラートPOCORART (Place of „Core + Relation ART“) 事業10周年を記念して開催され、22か国から50人のアーティストが集結します。副題にあるように「障害のある人、ない人、アーティストの生の表現を世界に解き放つ」ことをモットーにしています。

Superpositionのライブはコロナ禍に伴う移動制限のためオンラインで実施されます。

アトリエ・ゴルドシュタインによる紹介映像(日本語字幕付)
 
 

戻る