コンサート オストゼー(バルト海)ギムナジウム ビッグバンド& 法政大学ニューオレンヂスウィングオーケストラ

Big Band mit Ingolf Burkhardt Big Band mit Ingolf Burkhardt

2019/09/30 (月)

ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール


アクセス
107-0052 東京都港区赤坂7-5-56
ドイツ文化会館内

日独ユースジャズ交流コンサート

オストゼー(バルト海)ギムナジウム・ビッグバンドと法政大学のビッグバンドジャズサークル「ニューオレンヂスウィングオーケストラ」の交流コンサート。今回はヨーロッパを代表するジャズトランペット奏者のインゴルフ・ブルクハルトも共に来日。日本の若い音楽家たちと息の合った演奏で観客を魅了するだろう。

前回の来日から3年、今年もオストゼー・ギムナジウム・ビッグバンドが北ドイツの小都市、ティンメンドルファーシュトランドから来日し、法政大学のビッグバンドジャズサークル「ニューオレンヂスウィングオーケストラ」とともに演奏する。 NOSO der Hosei Universität NOSO der Hosei University
今回の来日には、ヨーロッパを代表するジャズトランペット奏者のインゴルフ・ブルクハルト、ならびにジャズ・バルティカの奨励賞を受賞した若手のベーシスト、ヴィンセント・ニーセンが同行。日独の若い音楽家たちが演奏するスタンダードな楽曲や現代的なアレンジの数々が観客を魅了するだろう。

協力:ヤマハ株式会社

 
Ingolf Burkhardt Ingolf Burkhardt インゴルフ・ブルクハルト
1963年バーデン・ヴュルテンベルク州(ドイツ)生まれのトランペット奏者。1985-89年、ケルン音楽大学で学ぶ。1990年からはNDR(北ドイツ放送協会)ビッグバンドのメンバー。クインシー・ジョーンズやアル・ジャロー、ライオネル・ハンプトン、アブドゥラ・イブラヒム、ジミー・スミス、ウェイン・ショーター、ボビー・マクファーリンらと共演している。1996年の最初のソロアルバム„Jazzed friends“ をはじめ、これまで10枚のアルバムを発表している。2001- 2008年、ハンブルク演劇音楽大学でジャズトランペットの教授。2015年からはヤマハの公式アーティストとして、ヤマハの特注楽器で演奏している。 自身のバンド "JAZUL" 、また"Jazul Duo"として、ソウルやポップとの融合とジャンルの越境を試みている。そのレパートリーはロベルト・グラスパーから、ジャコモ・プッチーニ、ジョン・レノンからグルーヴィーな自身の作曲による楽曲までと幅広い。
 
Axel Ster Axel Ster アクセル・シュテーア(指揮)
1968 年生まれのピアニスト。1990 -1997年、 デトモルト(ドイツ)、ウィーン(オーストリア)、リューベック(ドイツ)の音楽大学で音楽理論とピアノを学ぶ。ロス・アンジェルスに留学。ハンブルク演劇音楽大学で博士号を取得。1999年にバルト海ギムナジウム ビッグバンドを創立。2007年からはリューベック音楽大学の講師として即興、音楽理論、アレンジを教えている。2012年からニルス・ラングレンとスウェーデンや日本でツアー活動を行っている。
 
Vincent Nissen Vincent Nissen ヴィンセント・ニーセン
1997年生まれのベーシスト。バルト海ギムナジウムのあるティンメンドルファーシュトランド出身。13歳で電子ベースと出会い、17歳でコントラバスの演奏を始める。同校のビッグバンドと共に初めて海外ツアーにも参加し、経験を積んでいる。
2016年からは、ドレスデン音楽大学でジャズ・コントラバスを専攻。同市での音楽シーンを超えて幅広く活動している。パリ国立高等音楽・舞踊学校にも留学。2019年のジャズ・バルティカ(北ドイツのジャズ祭)では、IB.SH(シュレスヴィヒ・ホルシュタイン投資銀行)ジャズ賞を受賞した。すでにニルス・ラングレンやイダ・サンド、ランディ・ブレッカーらと共演を果たしている。
 
オストゼー(バルト海)ギムナジウム(Ostsee-Gymnasiums)は、北ドイツ、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のティンメンドルファー・シュトランド(Timmendorfer Strand)という海辺の町にある学校で、1999年にリューベック音楽大学の講師でピアニストのDr.アクセル・シュテーア氏の指導を受けてビッグバンドが結成された。以来、さまざまな場で演奏を行い、また海外との交流も積極的に行うなどして、その名声を高めてきた。その中でも2005年と2016年の日本への演奏ツアーは活動の重要な歴史となっている。
 
ビッグバンドには、同校の5年生(10歳)から12年生(18歳)の生徒たちが参加。さまざまなスタイルのレパートリーを演奏している。シュテーア氏の指導の下、リューベック音楽大学の協力による専門の指導を受け、生徒たちはアンサンブル演奏あるいはソリストとしての演奏の土台となるような知識を身に着けることができる。

日独交流JAZZ公開レッスン&コンサート ~府中ジュニアジャズスクール11期生×オストゼー・ギムナジウム・ビッグバンド~
9月29日(日)に、東京府中市のジュニアジャズスクールと共に、府中の森芸術劇場ふるさとホールで公開レッスンとコンサートを実施。指導にあたるのは府中市在住のジャズクラリネット奏者谷口英治氏。(お問い合わせ 042-335-6210 芸術劇場事業係)

 

戻る