上映会&トーク Two Houses

Bauhaus Two Houses © Verena von Beckerath

2019/10/02 (水)

ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール


アクセス
107-0052 東京都港区赤坂7-5-56
ドイツ文化会館内

バウハウスの「三岸アトリエ」と「山口文象自邸」

東京都内にはバウハウスから影響受けてた2軒の住宅が現在も残っている。映画『Two Houses』はこの2軒の住宅を取り上げ、バウハウスと日本の関係性を考察する。
1934年に完成された「三岸アトリエ」は、バウハウス・デッサウに妻の道子と留学していた山脇巌(1898年~1987年)によって設計された。1940年に建設された山口文象自邸は建築家でバウハウスの初代校長のヴァルター・グロピウスの事務所に勤務していた山口文象(1902年~1978年)がデザインしたものである。『Two Houses』は2軒の住宅の建築を辿りながら、建設当時から現在までの居住者の物語や住宅での日常生活を描いている。
 
本作は2019年の1月~4月の間東京、ベルリンとワイマールで実現され、ワイマール・バウハウス大学に製作された。
 
助成:チューリンゲン州首相府、ワイマール・バウハウス大学卒業生事務所、IFAドイツ対外文化交流研究所
 
『Two Houses』2019年、38分
監督:ヴェレーナ・フォン・ベッケラート、二クラス・ファネルザ、モモコ・ヤサカ、マクシミリアン・フォン・ツェペリン
撮影・音響・編集:イェンス・フランケ

戻る