人工知能美学

Reflexionen © Tatsuo Unemi A better version of © Goethe-Institute Ostasien

人工知能は芸術創造にまで侵触するのか。人工知能に美術意識が芽生え、自立的に芸術を創作する未来はあり得るのか。
 
2016年3月、囲碁は芸術であると語っていた世界トップ棋士が人工知能に敗退した。かつてなら荒唐無稽でしかなかった冒頭の問いは、深層学習法等が飛躍的に発展しつつある今、現実味が全く無いとは言い切れなくなった。とはいえ現今の「人工知能が創作した芸術」とされているものは、その殆どが、人間が人工知能という道具を使って制作した代物でしかない。
 
「人工知能美学藝術展」は我々が今から、人工知能が真の意味で美学を創発し、芸術を創作する事態に備えるべきかという問いを検証する。なぜなら知能とは何か、芸術や美や人間の尊厳とは何かが、人工知能という要因によって根底から問い直されざるを得なくなるのだろうか。
 
人工知能美学芸術展は2017 年時点でのそうした問題意識の顕れとして、国内外の表現者や研究者による人工知能をテーマとする芸術の現在を垣間見せるものである。視覚芸術分野を中心に、音楽、文学、コンセプチュアルアートから、広く知能を問う研究発表までも含める。
 

本展は東アジア地域ゲーテ・インスティトゥートによる「A Better Version of 人」参加企画である。