クイックアクセス:
コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス

Berlinale Blogger

映画界がベルリンに到来:2018年2月15日から2月25日、第68回ベルリン国際映画祭が開催されます。世界各国のブロガーと映画ジャーナリスト10名が BerlinaleBlogger として、様々な国の視点から国際映画祭をレポートします。

2018年のBerlinaleBloggerは、エジプト、オーストラリア、ブラジル、中国、ドイツ、ギリシャ、イタリア、日本、カナダそしてイギリスからのブロガーで構成されています。

Berlinale Blogger 2018Grafik: Lea Delazer © Goethe-Institut

ブログ記事

2018年のBerlinale-Blogger

Grace Barber-PlentieFoto: © Privat

イギリス
グレース・バーバー=プレンティー

ロンドン在住。ハイカルチャーやポップカルチャーを中心とした様々な分野で執筆活動を行っている。

Gerasimos BekasFoto: Vangelis Patsialos

ギリシャ
ゲラシモス・ベカス

ドイツとギリシャの両国で活躍する作家・劇作家。

Jutta BrendemühlFoto: Goethe-Institut

カナダ
ユッタ・ブレンデンミュール

トロントドイツ文化センターのプログラム・キュレーターでGermanFilm@Canada のブロガー。

Philipp BühlerFoto: © Privat

ドイツ
フィリップ・ビューラー

2000年よりフリーの映画批評家として、新聞Berliner Zeitungなどに、ベルリン国際映画祭についてレポートしている。歴史家で英文学者であるが、連邦政治教育センターやドイツ映画アカデミーで、映画教育の分野に携わっている。

Yun-hua ChenFoto: © Privat

中国
ユンホア・チェン

台北、フランスで学んだ後、スコットランドで映画学の博士号を取得。現在はベルリンに暮らし、定期的に雑誌に寄稿をしたり様々な学会やセミナーで講演を行っている。

Andrea D'AddioFoto: © Privat

イタリア
アンドレア・ダッディオ

2002年より映画について執筆。カンヌやベネチア、トロント、マラケシュなどの国際映画祭を、イタリアやドイツの様々な新聞にレポートする。
 

Camila GonzattoFoto: © Privat

ブラジル
カミラ・ゴンザット

シナリオ・ライター、監督として、テレビ番組及び映画の制作に携わる。執筆の分野で修士号を取得しており、現在は博士論文を書きながらベルリン自由大学に留学中。

Ahmed ShawkyFoto: © Privat

エジプト
アハメッド・ショーキー

薬学と医学を学んだ後、2009年より映画と芸術の分野で執筆活動を始める。特に、国際映画祭やアラブ映画祭でフリーの批評家として活動する。

Hikaru SuzukiFoto: © Privat

日本
鈴木光

映像制作者。2012年からベルリン在住。武蔵野美術大学卒業後、ベルリンとポツダムにある大学に留学し、映画と芸術を学ぶ。日々映画館に通い、ベルリン映画祭での会場でもあるアルセナールはお気に入りの映画館の一つ。
 

Sarah WardFoto: © Darren Ward

オーストラリア
サラ・ワード

Screen International、ArtsHub、Concrete Playground、Trespass Magazineの記者・編集者。テレビSBS放送やMetro Magazine & Screen Educationでもフリーランサーとして勤める。